Josemaría Escrivá Obras
166

一見したところ敬虔に見える態度を隠れ蓑として、他人のものを奪うような行為は許されません。「『神を愛している』と言いながら兄弟を憎む者がいれば、それは偽り者です」21。しかしまた、創造主であり私たちの父である神に当然捧げるべき愛と礼拝を惜しむなら、それも自らを偽ることにほかなりません。主の掟に従わないばかりか、従えば人々への奉仕ができなくなるという人は、自分で自分をだましているのです。この点については聖ヨハネがはっきりと警告しています。「神を愛し、その掟を守るときはいつも、神の子供たちを愛します。神を愛するとは、神の掟を守ることです。神の掟は難しいものではありません」22。

 愛という名目の下、また他の場合には能率本位を口実に、色々と新説を出しては熱弁をふるい、何とかして神への礼拝と賛美を勧めないようにしようとする人が大勢いることはご存じでしょう。主を称える行為は、何事によらず大げさに映るらしいのです。皆さん方は、そのような考えを無視して、自分の道を歩み続けてください。彼らのすることと言えば、口論を重ねるだけで何の実りももたらさず、せいぜい人々の躓きになるだけです。結局は、イエスの掟を無視させ、自らを捧げないようにさせる、つまり正義の徳を少ししか実行しないように仕向けるだけなのです。

前の 次の