Josemaría Escrivá Obras
338

 画家はキャンバスを前にして自らを凌駕(りょうが)せんという心意気をもって叫んだ。「主よ、あなたのために、三十八の心と、あなたへの愛を歌う三十八の天使、天に三十八の素晴らしい縫(ぬ)い箔(はく)、あなたのマントに三十八の太陽、三十八の火と三十八の愛、三十八の狂気と三十八の喜びを描きます」と。

 そう言った後で、あなたは謙遜に認めたのだった。「これはすべて私の想像と望みに過ぎません。現実には、満足していただくというより、目の犠牲にしかならない三十八の平凡な絵図(えず)を描くに過ぎません」と。

前の 次の