Josemaría Escrivá Obras
155

 聖体の豊かさ

 

 主が聖体の秘跡を制定されたのは最後の晩餐のときでした。聖ヨハネ・クリゾストムは、「夜であったことにより、時が満ちたことを明らかにしたのである」13と言っています。世界は夜の闇に包まれていました。古い儀式や、神の無限の慈悲である古いしるしは過ぎ去り、新たな過越、真の夜明けが訪れたからです。聖体の秘跡は夜の間に制定され、復活の朝を前もって準備しました。

 

 私たちの生活も黎明を迎える準備をしなければなりません。はかないものや危険なものはすべて、また、失望、不信、悲嘆、卑怯など役に立たないものはすべて捨て去らなければならないのです。聖体は神の子どもたちに神的な新しさを与えたのです。従って、気持ちや振舞いを一新し、「心を新たにして」14、この恩恵に応えなければなりません。私たちには、活力の新たな原理である強力な根、主に接ぎ木された根が与えられました。今日の、そして永遠に続く〈パン〉を持っている私たちが古いパン種に戻ることはもはやできない相談なのです。

 

前の 次の