Josemaría Escrivá Obras
305

今こそ叫ぶ時です。私を希望で満たすためにあなたの約束を思い出してください。すると、惨めな状態にいても私は慰められ、生命は力を漲らせる22。何事においてもすがるよう主はお望みです。主に頼らなければ、何事もなし得ない23ことは火を見るよりも明らか、また、主に頼るならば万事が可能になる24ことも。そこで、常に神のみ前を歩もうという決意25が強められるのです。

 活動していないかのような知性も、神の光に照らされると、敵をも含めてすべての人々のためにすべてを配慮なさる主が、その友である私たちにどれほどの心遣いを示してくださるかを、はっきりと理解するようになる。いかなる悪や困難といえども、何らかの方法で善のために役に立つと確信するのです。すると、人間的な理由によっては根こそぎにすることのできないほど深い喜びと平安が、心にしっかりと根をおろす。悪や困難の<訪れ>は、必ず神的な何かを残してくれるからです。そして私たちは、感嘆すべきわざを行われた26主なる神を賛美し、また無限の宝を所有する能力27を備えてくださったことを悟るのです。

 

前の 次の