Josemaría Escrivá Obras
171

「キリストはわたしたちを自由の身にしてくださった」30のですから、私たちにはすべての人々の自由を守る義務があります。他人の権利を尊重しないで、どうして自分の自由を主張することができるでしょうか。真理も私たちが広めるべき事柄です。「真理はあなたたちを自由にする」31と仰せられたからです。無知は隷属を強いることになります。すべての人の生きる権利、人としての尊厳を保つために必要なものを所有する権利、働き休息する権利、身分を選ぶ権利、家庭をつくり、結婚生活において子供をもうけ、子供に教育を与える権利、病気の時や老齢期を安らかに過ごす権利、文化・教養を身につける権利、合法的な目的のためにグループをつくる権利、そして、正しい良心があれば万物の中に神の足跡を見つけ得るわけですから、何よりもまず、全く自由に、神を知り、神を愛する権利を擁護しなければなりません。

 正にこのような理由から、マルクス主義はキリスト教の信仰と両立し得ない、と繰り返さなければならないのです。こうは言っても、私は政治に首を突っ込んでいるわけではなく、教会の教えを述べているだけです。人々の心から、愛に溢れた神の現存を消し去ること、これを基盤にするような主義主張ほど信仰に反するものがあるでしょうか。正義を行うためにマルクス主義など必要はないと、誰の耳にも届くよう大声で叫ばなければなりません。重大な誤謬であるマルクス主義は、単に唯物的な考え方に基づいた解決法しか取らず、平和の神を無視するわけですから、人々の幸せと相互理解を妨げてしまうのです。キリスト教には、常にあらゆる問題解決に役立つ光があります。「言葉や口先だけではなく、行いをもって誠実に」32カトリック者たらんと努めさえすればよいのです。この点を、機会が訪れる毎に、時には機会を求めて、恐れず人々に告げ知らせましょう。

前の 次の