Josemaría Escrivá Obras
169

キリスト教の徳はもっと高いところを目指します。すぐに感謝の心を表し、親切で寛大、順境にあっても逆境にあっても常に忠実で誠実な友であり、法を遵守し正当な権威を尊重し、問題に対処するに当たって自分の非を悟れば、すすんで直ちに改めます。そして正義の人であるなら、何よりも、職業、家族関係、社会関係から生ずる約束をしっかりと守ります。大げさに触れまわることなく身を入れて働き、義務でもある権利の行使を、決しておろそかにしないはずです。

 怠け者が正義を口にしても、信じるわけにはゆきません。愛するイタリアの表現を借りれば「楽しい物臭さ」とでも呼べそうな生き方をし、仕事もしないわけですから、公正の基本原則を時にはひどく欠くことになるからです。神は「耕し、守らせる」28ために私たちをお造りになりました。人々も家族の者たちも、私も、人類も、つまるところ、私たちがいかに効果的に働くかにかかっているのです。正義とは単に物的な富を分配することであると考えるような、情けない正義観念はもたないようにしましょう。

前の 次の