Josemaría Escrivá Obras
168

喩え話に登場する一万タラントンの負債を抱えた召使い26の状態は、神のみ前における私たちの状態を見事に映し出しています。私たちの場合も、寛大な神から受けた莫大な借り、さらに罪を犯す毎に増やしてきた負債を返すすべとてありません。いくら大胆に頑張ってみたところで、主が赦してくださっただけの額を返済することはできないのです。けれども、私たちが正義の枡を満たせないときは、それにもまして神が慈しみで埋め合わせをしてくださる。神は満足して私たちの負債を帳消しにしてくださいます。神は恵み深く、その慈しみはとこしえ27なのです。

 お分かりのように、喩え話の始めと終わりは全く対照的です。莫大な借金を帳消しにしてもらったばかりのあの召使いは、たった百デナリオンの債務者を憐れもうともしませんでした。ここに至って召使いの狭い心が明らかになります。道理から言えば、貸金の取り立てをして悪いわけではありません。それにもかかわらず、何かしっくりこない。これほど不寛容な態度は本当の正義ではないと、私たちには思えるのです。つい先ほど好意と理解に満ちた憐れみを示してもらったばかりの人が、自分の債務者に向かってほんのわずかの辛抱さえできないというのは、どう考えても正義にかなうとは言えません。正義とは、権利と義務とを杓子定規に適用することではないし、算数のように引き算や足し算で解決できるものでもないのです。

 

前の 次の