Josemaría Escrivá Obras
163

「真理に基づいて神の道を教える」13。説き教えること。とにかく、嘘偽りのない真理、神の道を教えるのです。自分の欠点が他人に知られるのを恐れないでください。私は、内的戦いの状況と、忠実に神に仕えるためにいろいろ改善したいと思う点を、さらけ出すようにしています。自分の惨めなところを根こそぎにしようと努力するなら、すでに神への小道を歩んでいるしるしと言えるでしょう。傍目にも明らかな失敗があるにしても、まず生活の模範によって、続いて言葉で、神へ至る道を人々に示さねばなりません。ちょうど主が、「行い、また教え始められた」14ように。

 私が皆さんをたいへん愛していること、そして、無限に善い方、この上ない父である御父の愛は、私のその愛よりもはるかに深いという事実を、まず保証します。次いで、私には、皆さんがイエスとその教会、つまりイエスの羊の群れを愛するよう手助けする義務があり、この義務遂行については誰にも負けないつもりであることを考えていただければ、私が皆さんを非難することなどありえないこともお分かりいただけるでしょう。それにもかかわらず、説教や個人的な話し合いの中で、皆さんの過ちを指摘するようなときは、皆さんを苦しませるためではなく、かえって、一緒にもっと深く主を愛するようになりたい一心からであることを、理解していただきたいと思います。諸徳の実行に力を入れるべきだと主張するときも、実は私にもそれが必要であることをよく自覚しています。

 

前の 次の