Josemaría Escrivá Obras
115

キリスト信者の自己支配

徹底的に離脱した寛大な心を、主はお望みです。自分を虜にしている太い綱や細い糸を完全に断ち切るなら、主のお望みに応えることができます。そうするためには自己の判断と意志を捨てる絶え間ない戦いが必要になりますが、確かにこれは、欲しくてたまらない物質的善を捨てるよりもはるかに骨の折れる仕事です。

 主はすべてのキリスト者にこのような離脱の心を要求されますが、離脱の心は当然ながら行いに表れなければなりません。「イエスが行い、また、教え始め」10とあるとおり、主は教えを垂れるに当たってまず行いで示し、次いで言葉で教えました。極貧の中、馬小屋で生まれ、地上での最初のまどろみはまぐさ桶の藁の中であったように。その後の宣教中に示された数多くの模範の中から、弟子となって従う決意をした人たちに向かって言われた、次のような明白な忠告を思い出しておきましょう。「狐には穴があり、空の鳥には巣がある。だが、人の子には枕する所もない」11。また弟子たちが、空腹を満たすために安息日であるにもかかわらず麦の穂を摘んだ場面12も、決して忘れないでください。

 

前の 次の