Josemaría Escrivá Obras
110

聖週間が始まりました。カルワリオにおける救いの完成を目前にしています。このような時に、イエスがどのような方法で人類をお救いになるかを考えるのは、時宜にかなったことだと言えます。土くれのように卑しい人間を、筆舌に尽くし難いほど愛する主を黙想するのです。

 母なる教会は、灰の水曜日に、「人よ、おぼえよ、汝は塵であって、また塵に返る」1と呼びかけ、無に等しい私たちの姿を思い起こさせます。生気に満ちている今の肉体はいつの日か朽ちてしまう。歩みにつれて立ちのぼるほこり、あるいは「太陽の光に押しのけられ、その熱に解かされて、霧のように散らされてしまう」2存在、これが私たちです。

 キリストの模範

 人間の儚さをありのまま思い出したあとで、今度は、素晴らしい現実に目を向けて欲しいと思います。それは、私たちを支え、神化してくださる神の偉大さのことです。使徒の言葉に耳を傾けましょう。「あなたがたは、わたしたちの主イエス・キリストの恵みを知っています。すなわち、主は豊かであったのに、あなたがたのために貧しくなられた。それは、主の貧しさによって、あなたがたが豊かになるためだったのです」3。師イエスの模範に落ちついて注目すれば、生涯にわたって黙想すべきテーマと、具体的な決心を立ててより一層寛大になるためのテーマを、数多く見つけることができるでしょう。目標を見失わないようにしてください。私たちはイエス・キリストとひとつになるべきなのです。すでにご存じのように、主の跡に従う私たちに模範を与えるため、自らを貧しくして、苦しまれました4。

 

前の 次の