Josemaría Escrivá Obras
92

  〈黙想のうちに火は燃え上がる〉。このために、祈りに赴くのである。燃え上がる焔となって熱と火を与えることができるために。

だから、もう祈りを続けることができず、あなたの火が消えたように思え、香りのよい薪をくべることもできない時は、短い口祷や射祷(呼祷)を小枝や枯葉のつもりで投げ込んで、火を絶やさないようにしなさい。そうすれば時間を活用したことになる。

前の 次の