Josemaría Escrivá Obras
700

  確かに、外部からのプレッシャーとの戦いが多いのは認める。だから、何がしかの言いわけは認められよう。しかし、落ち着いて考えれば分かるように、自分の中にも共犯者がいるのだから、その点で、言い逃れはできないのである。

前の 次の