Josemaría Escrivá Obras
596

  過失を見られたからといって心を痛めてはならない。神を侮辱したことや他人に与えた悪い模範について悲しむべきである。

それはそれで、あなたの人柄が人々に知られ、軽蔑されるほうがよいのではないか。無に過ぎない自分に気づいても悲しむな。無であるからこそ、イエスがあなたのうちにすべてを整えてくださらなければならないのだから。

前の 次の