Josemaría Escrivá Obras
592

  忘れてはならない。あなたはごみ箱のようなものである。それゆえ、神なる園丁が、あなたを手にとり、よく洗い、きれいにし、素晴らしい花を活けてくださったとしても、あなたの醜さを飾り立てる香りや色を自慢すべきではない。

謙遜になりなさい。あなたは、ごみ箱に過ぎないことを知らないのか。

前の 次の