Josemaría Escrivá Obras
527

  ベタニアの重い皮膚病を患うシモンの家で、主のみ頭に高価な香油を注いだあの婦人は、神礼拝に関する事柄においては、気前よく寛大になるべき義務を、私たちに思い出させてくれる。

神礼拝において、いくら贅沢や荘厳さと美しさの限りを尽くしたとしても、私にはわずかに思える。

聖器具や祭服、レタブロ(聖櫃のある祭壇背後の聖画像や彫刻)の豪華さを批判する人々に対して、ベタニアでのイエスの称賛の声が聞こえてくる。「わたしに良いことをしてくれたのだ」と。

前の 次の