Josemaría Escrivá Obras
485

  分かった。しかし、だから何なのだ。あなたを惹きつけた神の火が、あなたを夢中にさせる火と熱だけでなく、時として道具の弱点という煙を出すからといって、使徒職から手を引くなど理解できない。隠れた高慢心に負けて、自分を完全だと思っていたからではないのだろうか。

前の 次の