Josemaría Escrivá Obras
424

  神の愛ゆえに罰する。これこそ、当然科すべき罰を超自然的なものへと高める秘訣である。

侮辱された神を愛する心から、罰が償いとなるよう、また神を愛するがゆえに隣人を愛する心から、罰が決して復讐とならず治療薬になるようにしなさい。

前の 次の