Josemaría Escrivá Obras
391

  聖なる無恥を備えているのなら、〈何を言われたか〉、〈何を言われるか〉など、まったく気にならないはずである。

前の 次の