Josemaría Escrivá Obras
274

  セントラル(マドリード大学)のあの優秀な学生(今頃、どうしているだろうか)、その学生は言っていた。「神父様、お話しくださったこと…、私は神の子だということを考えていました。すると驚いたことに、〈堂々と胸を張り〉、心の中で…私は神の子であると、誇りを持って町を歩いている自分に気づきました」。

私は確かな良心にかけて、その〈誇り〉を育みなさいと勧めた。

前の 次の