Josemaría Escrivá Obras
228

  「楽しい午後をお過ごしください」と、習慣通りの挨拶を受けた。すると、真に神の人であるあの人は、「なんてちっぽけな望みだろう」と言ったのだった。

前の 次の