Josemaría Escrivá Obras
• 番号 118:   聖なる純潔は、謙遜に願うとき....
• 番号 119:   聖なる純潔のなんと麗しいこと....
• 番号 120:   「純潔?」と問い返し、薄笑い....
• 番号 121:   人間を野獣であると考える人々....
• 番号 122:   世間の直中で天使のような生き....
• 番号 123:   清く生きようと堅く決心すれば....
• 番号 124:   使徒であり医者であるあなたは....
• 番号 125:   若いヨハネが親しく心を開いて....
• 番号 126:   貪食は、純潔に反する行いへの....
• 番号 127:   情欲と話し合ってはならない。....
• 番号 128:   羞恥心と慎み深さは、純潔の弟....
• 番号 129:   聖なる純潔を保たなければ、使....
• 番号 130:   イエスよ、私の心を幾重にも覆....
• 番号 131:   たとえ嘆くためであっても、卑....
• 番号 132:   〈大胆〉になるというような、....
• 番号 133:   聖人たちはある種の精神科医が....
• 番号 134:   たとえ肉が絹をまとっても…。....
• 番号 135:   あなたが自分自身の値打ちを知....
• 番号 136: 肉体的感覚の満足を求めた後の…な....
• 番号 137: 不快感と苦々しさのしこりを残す一....
• 番号 138:   「わたしはなんと惨めな人間な....
• 番号 139:   誘惑に襲われたときには、天国....
• 番号 140:   何が起こっても同意しない限り....
• 番号 141:   あなたは心の中で、「宗教的な....
• 番号 142:   「主よ、御心ならば、わたしを....
• 番号 143:   純潔を守るために、アシジの聖....
• 番号 144:   全生涯にわたる一点の汚れもな....
• 番号 145:   マドリードの前線での話。高潔....