Josemaría Escrivá Obras
492

  聖母を愛すれば、その愛は息吹となり、あなたの微温という燃え止しに隠れた、熾火のような諸徳を、赤々とした炎に燃え上がらせてくれるだろう。


493

  聖母を愛しなさい。そうすれば、この日々の戦いに勝てるよう、豊かな恩寵(恩恵)を獲得してくださるだろう。そして、あなたの心の中で煮えたぎり湧き上がる邪悪も、まったく悪魔の役には立たなくなるだろう。芳香を放つ腐敗をもってしても、キリストご自身があなたの心にお与えになった数々の偉大な理想や崇高な命令を押し流してしまうことはなくなるのである。〈 私は仕えます!〉


494

  マリアのものになりなさい。そうすれば、あなたは私たちの一人になるだろう。


495

  常に、イエスのもとへ行くときはマリアを通り、イエスのもとへ戻るときもマリアを通る。


496

  文学や政治、軍隊、教会などの著名人と親戚関係にある人々は、そのことが話題になると、大喜びする。

無原罪のおとめマリアのみ前で、次のように歌ってあげなさい。

おめでとう、父なる神の娘、マリア。おめでとう、子なる神の母、マリア。おめでとう、聖霊なる神の花嫁、マリア。あなたに優るお方はただ神のみ。


497

  あなたは様々な理由で聖母のものであるから、私の母よと、申し上げなさい。私の母よ、あなたの愛で私を御子の十字架に縛り付けてください。私たちのイエスのみ旨を果たすために、聖なる信仰と勇気と大胆さが私に不足しませんように。


498

  生涯のすべての罪がのしかかってくるようだ。がっかりするな。むしろ、幼子の信仰とお任せする心で、あなたの母マリアをお呼びしなさい。心の平安を与えてくださるだろう。


499

  いとも聖なるマリア、神の御母は、村の婦人たちの間で目立たずにお過ごしになった。

聖母から〈自然な〉生き方を学びなさい。


500

  カルメルの聖なるスカプラリオを身に着けなさい。たくさんの極めて立派な聖母信心があるけれども、スカプラリオほど信者の間に深く根を下ろし、これほど多くの教皇の祝福を受けた信心はあまりない。それに、土曜日の特権は真に母親らしいものである。


501

  聖母のご絵のうちでもっとも信心を感じるのはどれですかと尋ねられたとき、経験豊かなあなたは、「すべて」と答えた。そのとき、あなたが良い子だと分かった。良い子だからこそ、御母のご絵なら、どれも好ましい、夢中になる、と言ったのである。


502

  祈りの先生であるマリア。カナでどのように御子にお願いになるかを見なさい。根気よく、がっかりせず、執拗に願い、遂に望みを達せられるのを。

学び取りなさい。


503

  マリアの孤独。独りぼっちである。見捨てられ、泣いておられる。

あなたも私も聖母に付き添い、嘆き悲しまなければならない。イエスを十字架にはりつけたのは、釘、すなわち、私たちの惨めさであるから。


504

  心が肉でできていることを痛感するとき、信頼して助けを願うなら、聖なるおとめマリア、麗しい愛の御母は、あなたの心を静めてくださるだろう。


505

  聖母を愛することは、事業でも個人でも、良い精神のしるしである。

このしるしのない事業を信用しないように。


506

  悲しみの聖母。彼女を眺めるときは、そのみ心に目を注ぎなさい。聖母は、向かい合う二人の子、イエスとあなたの母である。


507

  私の母・聖マリアの謙遜、なんと素晴らしい謙遜だろう。エルサレム入城の場面で、イエスが棕櫚の枝をかざす群衆に大歓迎されたとき、マリアの姿は見えない。最初の奇跡であるカナの婚宴を除けば、大きな奇跡の場にもおられない。

しかし、ゴルゴタでの軽蔑からは逃げ出さず、そこ、「イエスの十字架の傍らに」立っておいでになる。


508

  聖マリアの強さに感嘆しなさい。十字架の傍らで、悲痛の極みといえる悲しみを、剛毅の心で忍んでおられる。

同じ強さを聖母にお願いしなさい。あなたも十字架の傍らに立っていることができるためである。


509

  目立たず静かな犠牲の先生であるマリア。

ほとんどの場合、隠れて御子に協力するマリアを見なさい。彼女は知悉し、なおかつ不言である。


510

  なんという純真さなのだろう。「わたしは主のはしためです」。そして、みことばは人となられた。

これが聖人たちの働き方だった。突飛なところは何もなかった。万一、人目を引いたとしても、それは聖人たちの意に反してのことだった。


511

  「マリア、恐れることはない」。大天使を目前に、聖母は当惑した。

私が純潔の護衛である慎みの小さな心遣いを捨ててしまいたいと思ったときのためである。


512

  お母様、母よ、あなたは、その「成りますように」という言葉で、私たちを神の兄弟とし、栄光の世継ぎとしてくださいました。あなたは称えられますように。


513

  以前は一人だったからできなかった。今は、聖母に助けを願ってマリアと一緒だから、なんと容易にできることか。


514

  信頼しなさい。戻りなさい。聖母のみ名をお呼びしなさい。そうすれば、忠実を保つことができるだろう。


515

  刻々と力が抜けていくというのか。なぜそのことを聖母に申し上げないのか。聖母は〈憂き人の慰め、キリスト信者の助け、私たちの希望、使徒の女王〉なのに。


516

  「母よ」と強く、強くお呼びしなさい。聖母マリアはあなたに耳を傾け、ひょっとしたら危険の直中にいるあなたをごらんになって、御子の恩寵(恩恵)を取り次ぎ、膝に乗せて優しく愛撫してくださる。そこであなたは新たな戦いに赴くための勇気を得たことに気づくだろう。

 教 会(517~527)


517

   Et unam, sanctam, catholicam et apostolicam Ecclesiam!…、エト・ウナム・サンクタム・カトリカム・エト・アポストリカム・エクレジアムと祈るとき、あなたが一言一句を噛みしめ、味わいながら唱える気持ちがよく分かる。私は、一、聖、公、使徒継承の教会を信じる、と。


518

  心からの熱意を込めて、私の母にして聖なる教会を愛すると言えるのは、なんという喜びだろう。


519

  その「私は仕える」という叫びは、財産と名誉と生命を投げ打っても、神の教会に心底から忠実に〈仕える〉という意志の現れである。


520

  カトリック的、使徒的、ローマ的。あなたがローマ的であってくれれば嬉しい。さらに、〈ペトロに会うために〉、ローマ〈巡礼〉をも望んでほしい。


521

  ご自分の教会に秘跡を残してくださったキリスト、なんと素晴らしい御方だろう。秘跡は私たちの必要一つひとつに応じた薬である。

秘跡を尊びなさい。そして、私たちの主と教会に深く感謝しなさい。


522

  教会の聖なる典礼とその個々の儀式を尊び、そして敬いなさい。すべてを忠実に果たしなさい。分かるだろう。私たち哀れな人間の場合、いくら偉大で高貴な事柄であっても、五感を通って入ってこないと、理解できないのである。


523

  教会が歌うのは、言葉だけでは祈りとして足りないからだと言う。キリスト者、しかも選ばれたキリスト者であるあなたは、典礼にそって歌えるようになるべきである。


524

  心から迸り出るように歌う時だと、愛に燃える人が叫んでいた。主が、その人の職務を通してなさった感嘆すべき事柄を見たからである。

あなたに同じことを勧めたい。歌いなさい。神への感謝にあふれて夢中になった心が快い調べとなって流れ出るように。


525

  〈カトリック〉であるとは、誰にも負けないくらいに祖国を愛し、同時に、あらゆる国々の気高い望みを自分のものとすることである。どれほど多くのフランスの栄光が私の栄光であることか。同じく、ドイツ人、イタリア人、イギリス人、アメリカ人、そして、アジア人とアフリカ人が誇りとする多くのことは私の誇りでもある。

カトリックとは、広い心、開かれた精神のことである。


526

  司祭と修道者の身分をこの上なく敬わないとすれば、神の教会を愛しているかどうか、疑わしい。


527

  ベタニアの重い皮膚病を患うシモンの家で、主のみ頭に高価な香油を注いだあの婦人は、神礼拝に関する事柄においては、気前よく寛大になるべき義務を、私たちに思い出させてくれる。

神礼拝において、いくら贅沢や荘厳さと美しさの限りを尽くしたとしても、私にはわずかに思える。

聖器具や祭服、レタブロ(聖櫃のある祭壇背後の聖画像や彫刻)の豪華さを批判する人々に対して、ベタニアでのイエスの称賛の声が聞こえてくる。「わたしに良いことをしてくれたのだ」と。


前の 次の